麻酔科医はフリーが多い?平均年収推移


スポンサードリンク


麻酔科医は手術の時に執刀医と共に手術を行う医師です。
少し地味でイメージが薄い麻酔科医ですが、その仕事内容はどのようなものなのでしょうか。
またその年収はどのくらいなのでしょうか?

麻酔科医の仕事は?

手術の時には必ず外科の執刀医と麻酔科医が協力して行います。
主に麻酔をかけることが仕事となります。
しかし麻酔をかけたら終わりではありません。

患者は麻酔をかけられた後自分の感じたことを伝えることができません。
そこで麻酔科医は心電図や脳波などを見ながら患者の体に異常がないかどうかを随時チェックしなければならないのです。
例え長時間に渡る手術であってもずっと付き添っていなければなりませんし、短時間の手術であれば一日に何件も担当することがあります。
患者の安全を守るためになくてはならない仕事なのです。

麻酔科医の年収

医師は年収が高いというイメージがありますが、麻酔科医も例外ではありません。
特にこの分野は専門性が高いため、年収1000万円から2000万円程が平均となります。

近年医師の平均年収は少しずつ減少していますが、麻酔科医の場合は少しずつ増加しているのが現状です。
というのも、この分野では医師不足が深刻になっておりこれからも必要性が高くなっていくからなのです。

またフリーランスの医師として働く方も多くおられ、そういった医師の中には3000万円程の年収を得ている人もいます。
麻酔科医はこれからもずっと必要とされていく分野なのです。

信頼できる良質な医師転職サイトはこちらです

好条件の非公開案件は、すでに転職サイトに登録している人に優先的に案内されますので、開始され次第すぐに募集が終了してしまいます。
そのため、今はまだ転職するつもりがない方でも、とりあえず登録のみしておくことをお勧め致します。

登録は無料、3分でできます。






このページの先頭へ